中小企業の海外進出|塾の経営をする|フランチャイズで安定した経営術

塾の経営をする|フランチャイズで安定した経営術

中小企業の海外進出

男の人

海外進出を考えている企業も数多く存在しています。これからも企業が発展し続けていくためには日本国内でのビジネスだけでなく、海外とも繋がりを持つことが大切です。海外に進出することで知名度が高くなり、中小企業でも大企業に引けをとりません。

ベトナムは1990年代の前半以降から日系企業の投資先として注目を集めており、約1600社の日系企業が進出しており、日系企業の業種には、輸出加工型製造業が最も多く、機械部品や樹脂金型、機械金型、プラスチック加工、大工や繊維縫製など、多くの業種が挙げられます。ほかにも、ソフト開発などのIT関係は各種設計、ソフト開発、病院医療システム開発、サニタリー関係のソフト開発、パソコン指導やアニメ関連などの企業が多く進出しています。中でも日系中小企業のソフト会社の進出が急増しているため、海外進出を考えている中小企業にもチャンスがあるのです。

ベトナム進出を考えている日本の中小企業は、コンサルティング事業を行っている会社に相談してみると良いでしょう。コンサルティング事業では、ベトナムにビジネス展開を考えている企業のサポートをしてくれます。また、コンサルティングを行っている会社の中にはベトナム進出に成功した会社も多く、その経験とノウハウを生かしたサポートをしてもらえるでしょう。法人設立や国際展示会への進出サポート、企業買収など、様々なニーズに対応してくれます。ベトナム進出を成功させるためにも一度コンサルティング事業を行っている会社に相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加